英語〜右脳開発教材正規品取扱 6万人以上の販売実績!幼児教材・知育玩具・絵本をより良い状態でより求めやすい教材!クレジットOK! Swing Kids(スウィング キッズ)

おかげさまで17周年
国内最大級のディズニー英語システム
中古専門店(株)スウィングキッズ

リサイクル教材は何を買ったらいいの?そんなお客様のホットライン 0120-919-535 営業時間:10:00〜17:30
Swing Kids Friends会員様専用 マイページ
ログアウト

ZippyDVD1枚プレゼント

 
幼児教材オススメの理由

代表取締役の夫でもあり、3人の子供の父でもある、私が幼児教材をお勧めする理由とは、、、。
長くなりますが、この場をお借りして私の経験談をお話させていただきます。
内輪のことで、恐縮です。
ご興味がある方は読み進めていただいて、是非ご感想をお聞かせ願えますと幸いです。

妻が初めての子供を妊娠中、おもむろに家庭保育園(右脳開発・知育教材)のセット一式を 買いたいと、言い出してきました。
まあ、家のことはほとんど妻に任せておりましたので、『フム、フム・・』と、 素直に聞いておりました。
今となっては、よく覚えていないのですが、ただそのセットの価格が、総額60数万円!!という事実を聞かされ、間髪おかず、驚き、大声で、『そんなもん、買ってどうするネン!!』と言っていた記憶が思い出されました。

そこからは、
妻『買う』、私『買わない』、
妻『欲しい』、私『欲しくない』
妻『やっぱり、子供に何かしてあげたい!!』、『何かするならいくらでも他に方法はあるやんか!!』
などなど、果てしないバトルが続きました。

それは数日にも及びましたが、以後妻からは何も言わなくなっておりました.....

BUT、年明けめでたい1月のある日です。
妻も無事出産を終え、家族が1人増えほのぼのとした日々を送っておりました。

仕事から、帰ってきてみると、何事か、大量のダンボールが自宅に届いているではないですか!!
なっなんと、妻が、その教材を購入しているではないですか!?
購入することを断念することなく、妻はずっと購入の機会を伺っていたようです。

でも、その費用はいったいどこから捻出されたのでしょうか.......?
いまだに謎です?
いそいそと、楽しそうにその包みを開け、説明書(マザーズガイドってやつでしょうか?) を読みふけり、翌日から実践しておりました。
家のことなど、適当に手抜きをしていた妻が、こんなに一生懸命、しかも毎日継続している!!

その事実が、私には衝撃でした。
以後、その他にもいろいろな教材があることがわかりました。
(とにかく、セールスはすごい!! どうして家に子供が生まれたことを聞きつけ、いや嗅ぎ付け、電話なんかできるのだろう??と思ったりもしました)

結局、幼児教材はある意味では、 親の自己満足に過ぎないのかもしれません。
とにかく、セールスマンに来てもらうと、何かこう、錯覚にとらわれたような幻想の世界に陥るのです。
『この教材を買えば(買うことができれば)私のかわいい息子(むすめ)が天才になれるかもしれないんだ!!買わなかったら、親としてその機会、チャンスの芽を摘んでしまう!なんとしてでも、欲しい!買いたい!』
このような心理、ご納得いただける方も多いのではないでしょうか

でもそれだけではないと思います。
子供の潜在的な能力がいかに素晴らしいものであるか!ということ。
その能力はもともと、一人、一人の子供の中に自然と備わっていて、ただ、それを認め伸ばしていってあげるだけでいいということ。
このようなことを幼児教材を購入して初めて、知るきっかけとなりました。
他にも、教材を使って、ただひとつの目的=子供の潜在能力を伸ばす、といったことだけではなく、その教材を使って、親と子が、また違ったかかわり方ができるようです。
子供の成長を、違った角度から見つけることができ、その成長を 夫婦で素直に喜ぶことができる。そんな楽しみも発見しました。
幼児教材を買うことがゴールでなく、ひとつのツールとして認識し、うまく活用することによって、その価値は何倍にも高まると思います。成長の過程で、親バカでいいと思います、子供たちの成長の様子を描いて、わくわくするのも楽しみの一つではないでしょうか。
余談になりますが、Swing Kids スタッフも 幼児教材リサイクル専門ショップとして いろいろな知識、経験を有しております。単なる教材の販売にとどまらず、子を持つ親のさまざまな意見交換の場として、このホームページが活用されていくことを目指して参りたいと思います。ご質問・ご意見がございましたら、是非メールをいただけますと幸いです。皆様のお声を参考に、改善しまた、さまざまな考えを吸収させていただきたく思う所存です。
最後に、学んでいく、学ばせるといった考え方でなく、英語教材などは特に楽しみの中から 子供たちは自然に吸収していくものではないかと感じております。 楽しい環境つくり、これを教材をひとつのツールとしてうまく利用してみてください。
ここまでお読みいただきました皆様に、御礼申し上げます。
他のコンテンツも、今後充実を図ってまいります。よろしくお願いします。
 

SwingKids

このページの先頭に戻る