Question&Answerカード(中古在庫)

Question&Answerカードとは?

ワールドファミリーのディズニー英語システム『Question&Answerカード』です。
トークアロング・カードに付属するプレイメイトに通して遊ぶことができるオプションカードです。
※Question&Answerカードにはプレイメイトは付属していません。

様々な形のカードにバリエーション豊かなQ&Aフレーズが⼊っており、テーマに沿った質問に楽しみながら答えることで、ゲーム感覚で英語を覚えることができるプログラムです。

2,500以上のフレーズが収録されており、実際の英語を使ったやり取りを⾃然に⾝につけることができます。
質問が難しいお⼦様も、質問の答えを間違えてもヒントがもらえる仕組みになっているのでわかるまでチャレンジすることができます。

Question&Answerカードの種類

“稜篁期:2019年4⽉〜

【特徴】

トークアロングのステップアップ教材です。
プレイメイトに『Question&Answerカード』を通すことで様々な質問に答えながら、DWEで学んだ⾔葉を練習、または応⽤することができます。

*プレイメイトの仕様変更に伴い、旧デザインのQuestion&Answerカードはご使⽤いただけません。

販売時期:2019年3⽉〜2013年6⽉

【特徴】

『Question&Answerカード』には、両⾯にバーコードがついています。
プレイメイト内のメモリーカード(#005)に対応。
『Question&Answerカード』専⽤のメモリーカードは、付属しません。

収納箱のデザインが異なります。

販売時期:
2019年4⽉〜
販売時期:
2019年3⽉〜2013年6⽉
カードの違い
収納箱デザインの違い
ガイドの違い
インデックスの違い
メモリーカードについて メモリーカード廃⽌ トークアロングメモリーカードで、
Q&Aカードも使⽤可能
(メモリーカード#005)

H稜篁期:2013年5⽉〜2008年11⽉

【特徴】

『Question&Answerカード』には、両⾯にバーコードがついています。

『Question&Answerカード』専⽤のメモリーカードが付属します。
メモリーカード(#005)以外のプレイメイトの場合、『Question&Answerカード』専⽤メモリーカードが必要となります。

収納箱のデザインが異なります。

販売時期:
2019年4⽉〜
販売時期:
2013年5⽉〜2008年11⽉
カードの違い
収納箱デザインの違い
ガイドの違い
インデックスの違い
メモリーカードについて メモリーカード廃⽌ 専⽤メモリーカードあり

●セット内容

Question&Answerカード

  • DWE1-3に対応するブルーのカード…25枚
  • DWE4-6に対応するグリーンのカード…25枚
  • DWE7-9に対応するライムのカード…25枚
  • DWE10-12に対応するイエローのカード…25枚

基本セットと同じくレベルに合わせて⾊分けしてあるカードが、三⾓形・四⾓形・五⾓形の3種類⼊っています。

Question and Answer Cardsは、トークアロングカードとは異なり、両⾯とも複数の⾳声が収録されているため、プレイメイトに備わっている録⾳機能を使⽤してカードに⾳声を録⾳したり録⾳した⾳声を再⽣したりすることはできません。

また、プレイメイトに付属の「マジックスクリーン」対応のカードも含まれていないので、「マジックスクリーン」も使⽤しません。

▲イドブック

  • ガイドブック…1冊

ガイドブックには、Question and Answer Cardsの使⽤説明が記載されています。

インデックス

  • インデックス…4冊

インデックスは、各箱に収納されています。インデックスには、カードのセンテンスと和訳、質問と答え等が記載されています。

【Question and Answerカード専⽤メモリーカードについて】

お持ちのトークアロングセットの購⼊年によって、Question and Answer カード専⽤メモリーカードが必要な場合があります。

「Question and Answer カード」ご購⼊前に、お持ちのプレイメイト内のメモリーカードをご確認下さい。

メモリーカード
#001
⽚⾯デジタルトークアロングの為、
Q&Aカードは使⽤できません。
メモリーカード
#004
Q&Aカード使⽤する場合は、
専⽤メモリーカードが必要。
メモリーカード
#005
トークアロングカードの
メモリーカードと兼⽤で使⽤可能。
その他の教材
このページの先頭へ戻る